失敗しない名刺デザイン

熟知性の法則(ザイオンス効果)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熟知性の法則についてです。

 

名刺デザインの効果は初対面の人と名刺交換をした時だけでなく、名刺を渡したあとも効果的です。

その理由は、名刺は渡した後も相手の手元に残るので、繰り返し見られる事になります。

この”繰り返し見られる事”が実は大変重要です。

今回はその「熟知性の法則」(ザイオンス効果)についてまとめてみました。

※参考:法則のトリセツ 水野俊哉著

 

【何度も見かける人は好意をもたれやすい「熟知性の法則」】

心理学では「熟知性の法則」というものがある。

これは人は何度も顔を見かけた人に好意を持ちやすいというもので、

アメリカの心理学者ザイオンスの実験から名づけられた法則であり、「ザイオンス効果」とも言われる。

熟知性の法則やザイオンス効果とも言われるが、別名「単純接触の法則」とも言う。

例えばCMなどで何回も同じタレントを見かけると、そのタレントに対して好意を持ちやすくなるというわけだ。

 

あまりしつこくして逆に嫌われてしまうのは逆効果だが、相手の邪魔にならない程度に、

時を選んで「挨拶回りに行く」、といった営業態度は、この心理法則的には正しいということになる。

映画「仁義なき戦い」で菅原文太が、極悪非道な親分、金子信雄を称して「知らない仏より知ってる鬼じゃ」

と吐き捨てた名シーンがあったが、それは正しいのである。

 

【ザイオンス効果とユニフォーム効果】

今回は何度も顔をみかける事によって好感が得られる熟知性の法則(ザイオンス効果)についてまとめましたが、

第一印象を良くする「ユニフォーム効果」というのもあります。

 

ユニフォーム効果については、前回の記事にまとめてありますので、良かったら読んでみてくださいね。

 

今回は「熟知性の法則(ザイオンス効果」について。
広島の名刺デザイナー「名刺スタイリスト」の久保でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆フォローすると最新情報が届きます◆

Twitterをフォローする



あなたの事…本当に知ってもらえていますか?
その名刺であなたの魅力が伝わっていますか?

  • 自分の魅力や強みをアピールしたい…。
  • お店の宣伝やリピーターになって欲しい…。
  • 初対面でも自分の印象を相手に残したい…。
  • 同業他社と差別化し選ばれる様になりたい…。
  • 覚えてもらい長くお付き合いできる関係になりたい…。
  • そんな悩みを『名刺スタイリスト』があなたの魅力を引き出し、
    売上・集客・人脈・信頼等の成果につながる名刺にスタイリングします!

    詳しくは下記リンクからご覧ください。

    『あなたの魅力を伝える名刺デザイン制作』はこちらから

    コメントを残す

    *