失敗しないセルフブランディング

キャッチフレーズを自分で作る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キャッチフレーズを自分で作る方法」についてです。

 

名刺が欲しいという方はある程度パーソナルブランディング(セルフブランディング)を意識されていると思います。

そういう方は自分のキャッチフレーズやキャッチコピーが欲しいと思っている方も多いです。

 

今回はキャッチフレーズ(キャッチコピー)を自分で作る方法についてまとめてみました。

※参考:仕事がどんどんやってくる目立つ技術

 

【珍しい肩書やキャッチフレーズは目立つ!】

肩書、いわゆる「キャッチフレーズ」はとても重要です。

 

これがしっかりしていないと、名刺を見た人には、「この人、何が得意なの?」とか
「自分に何を与えてくれる人なの?」かがわからなくなってしまい、焦点のボケた会話になりがち。

 

そこで、自分名刺を作る以上は、必ず「自分キャツチフレーズ」をつけてください。

 

万一、写真やイラストがなくても、この「自分キャッチフレーズ」がしっかりしているだけで、
かなり親密なコミュニケーションが可能になるのです。

 

ということで、あなたにも「自分キャッチフレーズ」をつけてほしいんです。

 

しかし、この「自分キャッチフレーズ」、写真や似顔絵と同じで、何でもつければいいというものではありません。
相手の方の興味。関心を「グイッ」とひくだけのインパクトが必要です。

 

ありきたりのものをつけても、結局印象に残らないし、スルーされてしまいます。

 

では、どうやったら、インパクトのある自分キャッチフレーズをつけることができるのか?

あなたに、とっておきのやり方をお教えしましょう。

 

それは、3つの質問から訊き出したあなたの特長を使うんです。

1、なぜ私(の会社)を選んだのか?

2、私(の会社)に頼んで、どんなメリットがあったの?

3、私(の会社) に仕事を頼んでワクワクしたことは何?

この3つの質問の回答の中から、手に入った言葉を、そのまま使ったり、組み合わせて、自分にぴったりのキャッチフレーズを作りましょう。

 

これらは誰もが簡単にキャッチコピーのもとを手に入れることができる、必殺の質問なんです。

 

あなたは、これを使って知り合いや同僚、先輩、後輩などに尋ねるだけでいいんです。すると、人が一回で覚えてくれるインパクトのあるキャッチフレーズの材料が集まります。

 

【キャッチフレーズは覚えてもらう為だけではない】

 

キャッチフレーズの効果は覚えてもらったり、自分の強みを伝えやすくなるだけではありません。

 

私が重要視しているもう一つの効果は、

「初対面の人との会話のきっかけ」です。

 

初対面で出会った時に会話がスムーズかぎこちないかだけでも大きく印象が変わります。

スムーズだと「この人とは相性が良いかな」と一気に距離感は縮まります。

 

是非、キャッチフレーズを考えて、名刺の効果をアップしてくださいね!

 

今回は「キャッチフレーズ(キャッチコピー)を自分で作る方法」について。
広島の名刺デザイナー「名刺スタイリスト」の久保でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆フォローすると最新情報が届きます◆

Twitterをフォローする



あなたの事…本当に知ってもらえていますか?
その名刺であなたの魅力が伝わっていますか?

  • 自分の魅力や強みをアピールしたい…。
  • お店の宣伝やリピーターになって欲しい…。
  • 初対面でも自分の印象を相手に残したい…。
  • 同業他社と差別化し選ばれる様になりたい…。
  • 覚えてもらい長くお付き合いできる関係になりたい…。
  • そんな悩みを『名刺スタイリスト』があなたの魅力を引き出し、
    売上・集客・人脈・信頼等の成果につながる名刺にスタイリングします!

    詳しくは下記リンクからご覧ください。

    『あなたの魅力を伝える名刺デザイン制作』はこちらから

    コメントを残す

    *