失敗しない名刺デザイン

名刺を手作りする時に気をつけるべき事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では名刺を手軽に自分で作る事もできます。

名刺デザインを自分で手作りする大きなメリットはコストを抑える事ができます。

 

しかし、名刺デザインを手作りする場合のデメリットも大きいです。

今回は名刺デザインを自分で手作りするか?デザイナーに発注するか迷われている方の為に、デザインで気をつけるべきポイントをまとめてみました。

 

【名刺を手作りするデメリット】

名刺を手作りするデメリットは…

  • 不安に思わせ信頼性を無くす。
  • 客観的に自分の魅力を見つける事ができない。

等です。

 

・不安に思わせ信頼性を無くす。

プライベートとしてのお友達用の名刺なら問題ありませんが、

経営者の方、個人事業主の方、フリーランスの方は名刺デザインを手作りする事はオススメしません。

その理由は、「名刺にお金もかけられない所に仕事を依頼しても大丈夫か?」という不安が受け取り側が思うからです。

仕事に繋げたい名刺の場合、これは大きなマイナス要因です。

信頼性を失うデメリットは大きいです。

それよりも最初はデザイン料金が必要ですが、プロのデザイナーに任せてしっかりした名刺デザインを作る方が仕事につながり投資分は取り戻せるはずです。

 

・客観的に自分の魅力を見つける事ができない。

名刺デザインを自分で手作りする場合のもう一つデメリットとして、

「自分を客観視できない」という点が挙げられます。

これはひとりよがりな考えで作ってしまうので、他の人から見た良い意見が入らないという事です。

例えば自社の商品やサービスを専門分野以外の方が見た時に、思いもよらない意外な所で喜んでもらえる可能性もあります。

また、名刺を渡す相手は常に自分の会社以外のはずです。

どう感じるのかは受け取り側ですので、客観的な意見で名刺デザインを作る方が、

ひとりよがりなデザインにならず、より伝わるデザインになりますね。

 

【まとめ】

名刺デザインを自分で手作りするのも楽しいと思います。

そういう方にオススメなのは、最初は自作した名刺を使って改善して、

ある程度名刺デザインや載せる内容が固まってきた所でプロのデザイナーに頼むと良いと思います。

必要な伝えるべきポイントは抑えながら、より見やすく、かっこいいデザインに仕上げてもらえます。

また、ある程度内容は固まっているので、修正回数も減らす事ができ、余計な修正コストを抑える事ができますね。

 

まずは、どういったデザインや内容の名刺にしたいのか考えてみるのが最初のステップです。

あとはしっかり名刺デザインに形にしてどんどん配りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆フォローすると最新情報が届きます◆

Twitterをフォローする



あなたの事…本当に知ってもらえていますか?
その名刺であなたの魅力が伝わっていますか?

  • 自分の魅力や強みをアピールしたい…。
  • お店の宣伝やリピーターになって欲しい…。
  • 初対面でも自分の印象を相手に残したい…。
  • 同業他社と差別化し選ばれる様になりたい…。
  • 覚えてもらい長くお付き合いできる関係になりたい…。
  • そんな悩みを『名刺スタイリスト』があなたの魅力を引き出し、
    売上・集客・人脈・信頼等の成果につながる名刺にスタイリングします!

    詳しくは下記リンクからご覧ください。

    『あなたの魅力を伝える名刺デザイン制作』はこちらから

    コメントを残す

    *