あなたの事…本当に知ってもらえていますか?

・自分の魅力や強みをアピールしたい…。
・お店の宣伝やリピーターになって欲しい…。
・初対面でも自分の印象を相手に残したい…。
・同業他社と差別化し選ばれる様になりたい…。
・覚えてもらい長くお付き合いできる関係になりたい…。

そんな悩みを『名刺スタイリスト』があなたの魅力を引き出し、 売上・集客・人脈・信頼につながる名刺にスタイリングします!

詳しくはこちら

デキる営業マンの名刺3つの秘密とは?

営業マンやセールスマンにとって名刺は無くてはならないものですね。

 

そこで、営業向けの名刺について記事を書こうと思っていたら
ノウハウや情報が沢山載っているallaboutに参考になる記事がありました。(笑)

でも少し足りないな~という点もあるので、補足しておきますね。
まずはallaboutのサイト↓

「仕事や人脈を増やす!営業名刺の作り方」
http://allabout.co.jp/gm/gc/297409/
・営業名刺の作り方、3つのポイントとは
1、顔写真を入れる
2、業務内容を分かりやすく記載する
3、簡単なプロフィール(自己紹介)を入れる

これくらいならすぐに真似できますね。(笑)

 

ここで補足です。

営業マンと聞いただけで「また話が長くなるのではないか」と関わる事をめんどくさがる人もいます。

そこで肩書きやキャッチコピーに工夫をしましょう。

ただの「営業」とするのではなく「相手の話をしっかり聞くお伺い役」とか。
完全に思い付きですが。(笑)
これだけで覚えてもらえたり、会話のキッカケになります。
いろいろ考えて自分のキャラクターに合った肩書きにしましょう。

 

・営業名刺におススメしたい「2つ折り名刺」

2つ折り名刺は情報を載せるスペースが増えるので、より多く伝える事ができます。

 

ここで注意して頂きたいのが、
「いろいろ載せ過ぎて何を伝えたいのかわからない」という内容にしない事です。

自作すると、どうしてもあれもこれも載せたいと詰め込み過ぎます。

それよりも、本当に伝えたい重要な点をしっかり伝えましょう。

それさえ伝われば気になった人は自分でホームページ等で調べてお問い合わせしてもらえます。
それから印刷コストも上がります。

業者にもよりますが、面積が2倍になったからといって、単純に通常の名刺の2倍という訳ではありません。

 

「2つ折り名刺」がオススメな人は
・業務内容がわかりにくいのでどうしても説明が必要な方
・同業他社が多く、他との差別化のサービスを説明したい方
等ですね。

コストもかかってしまうので、通常の名刺と2つ折り名刺を使い分けるという方法もあります。

 

ちなみに私は交流会等で人が多くてお話をする時間がない時に、2つ折り名刺も使用して情報を伝えるようにしています。
名刺を工夫すると、営業マンやセールスマンの方は説明する手間が省けたり、
覚えてもらえるので相手から声をかけてもらえるようになります。

 

名刺は連絡先を伝えるだけでなく、営業マンやセールスマンを助けるツールにもなりますね。

〜あなたの魅力を伝える名刺デザイン〜

あなたの事…本当に知ってもらえていますか?
その名刺であなたの魅力が伝わっていますか?

・自分の魅力や強みをアピールしたい…。
・お店の宣伝やリピーターになって欲しい…。
・初対面でも自分の印象を相手に残したい…。
・同業他社と差別化し選ばれる様になりたい…。
・覚えてもらい長くお付き合いできる関係になりたい…。

そんな悩みを『名刺スタイリスト』があなたの魅力を引き出し、
売上・集客・人脈・信頼につながる名刺にスタイリングします!

失敗しない名刺デザイン
名刺スタイリスト

名刺スタイリスト(名刺専門デザイナー)の久保勇二です。
広島県を中心に県外や海外からも依頼を受けています。
企業や大学からの講演依頼、メディア出演の経験有り。
好きなもの:音楽、読書、写真、カフェ巡りなど。

名刺スタイリストをフォローする
名刺スタイリストをフォローする
広島の名刺専門デザイナー「名刺スタイリスト」

コメント