プライベート日記

3Dプリンターで名刺入れを作ってみた。パート3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0870

何かと話題の3Dプリンターでオリジナルの名刺入れを作ってみました。

自分の希望としては…
・50枚以上入る。
・名刺を2種類入れる事ができ、好きな方から自由に取り出せる。
・見た目や使い勝手がシンプル

50枚以上入る名刺入れがなかなか無いんですよね。(笑)
いつも2つ以上持ち歩いているので不便なのです。
制作工程は…
・構想20分(お風呂に入りながらのんびりと)
・モデル作成30分(内ソフトの操作確認15分)
以上です。自分用なので早いです。(笑)
凝ったデザインでもないので図面も必要ないですね。

真ん中の穴からスライドさせて取り出せる様になっています。

工夫した所は、使い勝手を考えて、スライド用の穴を自分の親指サイズに合わせて大きめにしました。
指に引っかかりが無いようにフィレット(丸みのR)も付けました。(^^)v

それから出し入れする箇所の縁(ふち)の内側に斜めのカットを入れて、受け取った名刺を収める時の動きをスムーズにしました。
写真からは見えないのですが、重要な部分です。

見た目はカチッとした感じにしたかったので、外側の角の部分には敢えてRを付けませんでした。
3Dモデルを作ったら後は発注するだけです。約4日程で届きました。

手にとってみると、ナイロン素材なので軽くて丈夫ですね。
表面は思っていたより滑らかでした。(欲を言えばもっと滑らかにしたいです。)

試作品第一号として、プロダクトネームを「SATORI」にしました。
京都にある「悟りの窓」からの発想です。後付けですが。(笑)
感想としては、1番良かったのは「早さ」ですね。
頭に思い描いてから形になるまでのスピードが早いです。
そして世界で一つの自分だけのオリジナルが個人で作れるのも良いですね。

しかし、あくまで3Dプリンターはものづくりの一つのツールです。
どんな製品を作るのかは人間が考える事ですし、最後の仕上げの工程などでは職人の技術も必要だなとも思いました。

今回、個人で自由に作れる時代になった事を改めて実感しました。
子供の頃に厚めの工作用紙でロボットを作っていた頃が懐かしいです。(笑)(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆フォローすると最新情報が届きます◆

Twitterをフォローする



あなたの事…本当に知ってもらえていますか?
その名刺であなたの魅力が伝わっていますか?

  • 自分の魅力や強みをアピールしたい…。
  • お店の宣伝やリピーターになって欲しい…。
  • 初対面でも自分の印象を相手に残したい…。
  • 同業他社と差別化し選ばれる様になりたい…。
  • 覚えてもらい長くお付き合いできる関係になりたい…。
  • そんな悩みを『名刺スタイリスト』があなたの魅力を引き出し、
    売上・集客・人脈・信頼等の成果につながる名刺にスタイリングします!

    詳しくは下記リンクからご覧ください。

    『あなたの魅力を伝える名刺デザイン制作』はこちらから

    コメントを残す

    *